一億人のデジカメ写真添削講座 ― 思い通りの写真が撮れる、あとちょっとのコツ。

一億人のデジカメ写真添削講座 ― 思い通りの写真が撮れる、あとちょっとのコツ。
一億人のデジカメ写真添削講座 ― 思い通りの写真が撮れる、あとちょっとのコツ。
  • 発売元: 翔泳社
  • レーベル: 翔泳社
  • スタジオ: 翔泳社
  • メーカー: 翔泳社
  • 価格: ¥ 1,764
  • 発売日: 2012/12/11
  • 売上ランキング: 17186

目次

  • Part1 写真を撮るときにやりがちな10の失敗
  • Part2 実践的な13の撮影シーン別添削例
  • Part3 さらに表現幅を広げる10の撮影シーン別添削例
  • Part4 撮影後の画像編集で知っておきたい10の知識
  • 巻末 写真撮影のための基礎知識

写真撮影が趣味だけど、イマイチな写真しか撮影できない・・・
そんな悩みをお持ちの人に、ぜひ読んでほしい本です。

Part1 写真を撮るときにやりがちな10の失敗

このパートでは写真を写す際に誰もが行いがちな失敗例を10シーン取り上げています。まずはこの10個の失敗をなくすだけでも写真はぐんと上達すると書いてあります。

花を撮影するときには、オートフォーカスを使って画面の真ん中でピントを合わせたのち、フォーカスロックでピントを固定して構図を決める、ということや、シャッタースピードの目安として1/250~1/500秒であると紹介しています。白い被写体にはプラス補正、黒い被写体にはマイナス補正、といった写真の定番の設定もここではちゃんと紹介しています。

実際に失敗している作例とお手本となる作例の両方が紹介されており、どうしたらお手本のような写真が撮影できるのか、解決のポイントもまとめて記載されています。まるで写真学校の生徒と先生が実際に写真をみて、講評会をしているかのような雰囲気が感じられます。私が自分で撮影した写真もこうやって教えてもらえたらいいのになぁなんて思っちゃいますね。

Part2 実践的な13の撮影シーン別添削例

Part2では具体的な添削例が始まります。まず最初に心構えとして、

・撮影データにはすべてが宿る
・写真は撮らなければ前に進めない
・とったら必ずその日のベストカットを選ぼう

の3つが挙げられています。
お題その1は「桜を桜らしく情緒豊かに撮る」、お題その2は「東京スカイツリーを撮る」、お題その3は「奥行きのある参道を撮る」など13の撮影シーンについて解説されています。Part1と同じく失敗例とお手本が交互に紹介されているのですが、お手本としてアングルや構図など、いろいろな要素を変化させた3パターンのお手本が示されていて、「こんな撮り方もありか~!!」と感心させられます。

Part3 さらに表現幅を広げる10の撮影シーン別添削例

Part3ではPart1、Part2で学んだことを踏まえてさらに一歩前に進むための写真表現を模索していきます。ここで写真の撮り方のレパートリーを増やします。

Part3の心構えは

・レンズの使い分けがすべてを決める
・”光”は写真の道しるべ
・どんな場面にでも”写真にできる”ポイントがある

の3つです。だんだんといい写真を撮るためのハードルがあがってきますね。

Part3の最初のお題ではマクロレンズを使用したお手本が表示されています。私はマクロレンズ持ってないんですよね~。こういうのを見ると、「私もマクロレンズ欲しい!!」って思っちゃいます。マクロレンズの注意点である「ピントが合わせにくくなる」という性質や「接写しようとするほど、被写界深度が浅くなる」などの特徴ももれなく紹介しています。

Part4 撮影後の画像編集で知っておきたい10の知識

Part4では画像編集や修正作業を行う上で理解しておきたい知識やノウハウをPhotoshop Elementsを主な題材に紹介しています。具体的な写真の撮影技術とは違う観点からいい写真を作る方法の紹介です。

まずはJPEGとRAW画像の違いから始まり、Photoshopのコピースタンプツールやトリミングのやり方などの説明がされています。ソフトフォーカスのかけ方やミニチュア風に仕上げる方法なども記載されていて、デジタル写真ならではの写真の加工方法が満載です。専門的な解説書に比べると、そこまで詳しい説明ではないのですが、ちょっとした加工程度なら、ここで記載されているやり方で十分使えると思います。

巻末 写真撮影のための基礎知識

最後に写真の写る仕組みや基礎知識がその1からその15まで紹介されています。

ちょっと理論的な話が多いのですが、いい写真を撮るためには必要な知識が平易にまとめられています。絞りとシャッタースピードの関係や、AFモードの話など、ちょっと知ってるだけでも写真を思い通りに撮影することのできる知識ですね。

以上が「一億人のデジカメ写真添削講座 ― 思い通りの写真が撮れる、あとちょっとのコツ。」の内容でした。まったくの写真初心者が読むにはちょっと難しい内容も多いと感じましたが、初心者から中級者になりたい人にとってはとっても有意義な一冊に仕上がっています。写真が好きな方はぜひお読みください。

一億人のデジカメ写真添削講座 ― 思い通りの写真が撮れる、あとちょっとのコツ。
一億人のデジカメ写真添削講座 ― 思い通りの写真が撮れる、あとちょっとのコツ。
  • 発売元: 翔泳社
  • レーベル: 翔泳社
  • スタジオ: 翔泳社
  • メーカー: 翔泳社
  • 価格: ¥ 1,764
  • 発売日: 2012/12/11
  • 売上ランキング: 17186

この記事をかいた人

ドレッド Webクリエイター

WordPressの構築やjQueryによる動的サイトの実装が得意なWebクリエイターです。このブログではWeb制作で役に立ちそうな知識から、プライベートの出来事まで幅広いネタを取り扱っております。ご質問、ご要望はお問合せフォームからどうぞ! お仕事のご依頼はコレカラウェブへ! 2016年10月から放送大学に入学(選科履修生)

写真 | Posted on 2012/12/23 15:36

※コメントは管理人の承認後に公開されます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。