WP-PageNaviプラグインによるページネーションのスタイル(リスト or ドロップダウン)をテンプレートごとに変更する方法

アーカイブページのページネーションを簡単に作成してくれるWordPressのプラグイン、「WP-PageNavi」の設定はWordPressの管理画面で行うことができます。WordPressの管理画面で設定した場合、wp-pagenavi関数で呼び出されたページネーションはすべて管理画面で設定されたスタイルが反映されるようになっています。

すべてのアーカイブページで同じ設定を使いたい場合は、そのままでいいのですが、アーカイブごとにページネーションのスタイル(リスト or ドロップダウン)を切り替えたい場合、アーカイブページのテンプレート内で記述する wp_pagenavi関数の呼び出し方を少し変更する必要があります。今回はその方法をご紹介します。

やり方はすごく簡単で、呼び出すwp_pagenavi関数にパラメータを設定するだけでできます。

通常のwp_pagenavi関数は

と呼び出しますが、関数の呼び出し時に以下のように引数を指定することで、ページネーションのスタイルをリスト形式、ドロップダウン形式と使い分けることができます。

・リスト形式で呼び出す場合

・ドロップダウン形式で呼び出す場合

とwp_pagenavi関数にオプションを指定することで、リスト形式とドロップダウン形式をテンプレート毎に使い分けることができます。

WP-PageNaviプラグインには他にも呼び出し時に指定できるパラメータがありそうです。
また新しいことがわかったら、記事にしようと思います。


この記事をかいた人

ドレッド Webクリエイター

WordPressの構築やjQueryによる動的サイトの実装が得意なWebクリエイターです。このブログではWeb制作で役に立ちそうな知識から、プライベートの出来事まで幅広いネタを取り扱っております。ご質問、ご要望はお問合せフォームからどうぞ! お仕事のご依頼はコレカラウェブへ! 2016年10月から放送大学に入学(選科履修生)

WordPress | Posted on 2015/01/17 17:37

※コメントは管理人の承認後に公開されます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。