カテゴリーの説明部分にHTMLタグを入力する方法

WordPressで管理されるカテゴリーには「カテゴリー名」と「スラッグ」と「親」のほかに「説明」というフィールドを設けることができます。しかしここにHTMLタグを含めた文章を入力しても自動的に削除されてしまいます。(厳密にいうと、説明を出力するときにHTMLタグが削除される)

今回のエントリーではカテゴリーの説明部分に入力したHTMLタグをそのまま出力させる方法を紹介します。

20131213_001

functions.phpに以下のように記述します。

この1行を追加することで、カテゴリーの説明に入力したHTMLタグが有効になります。ちなみにこの1行を追加すると管理画面のカテゴリーの説明部分においてもHTMLが有効になったデザインで表示されます。スタイルシートも有効になります。

20131213_002

管理画面のカテゴリー設定ページでもHTMLが有効になります。

20131213_003

これがいいのか悪いのかは自分の期待する結果によると思いますが・・・

==========
ブログの更新情報をTwitterやfacebookで紹介しています。ぜひフォローお願いします!
Twitter → @jugedred
facebook → Jugedred Project


この記事をかいた人

ドレッド フリーライター&Webクリエイター

フリーライター&Webクリエイターのドレッドのブログです。インターネットの力で自由に生きている私のライフログやちょっとしたメモを記録しています。ご質問、ご要望、お仕事のご依頼はお問い合わせフォームからどうぞ!

WordPress | Posted on 2013/12/13 05:53

※コメントは管理人の承認後に公開されます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。