WordPress

カテゴリーの説明部分にHTMLタグを入力する方法

WordPressで管理されるカテゴリーには「カテゴリー名」と「スラッグ」と「親」のほかに「説明」というフィールドを設けることができます。しかしここにHTMLタグを含めた文章を入力しても自動的に削除されてしまいます。(厳密にいうと、説明を出力するときにHTMLタグが削除される)

今回のエントリーではカテゴリーの説明部分に入力したHTMLタグをそのまま出力させる方法を紹介します。

20131213_001

functions.phpに以下のように記述します。

remove_filter( 'pre_term_description', 'wp_filter_kses' );

この1行を追加することで、カテゴリーの説明に入力したHTMLタグが有効になります。ちなみにこの1行を追加すると管理画面のカテゴリーの説明部分においてもHTMLが有効になったデザインで表示されます。スタイルシートも有効になります。

20131213_002

管理画面のカテゴリー設定ページでもHTMLが有効になります。

20131213_003

これがいいのか悪いのかは自分の期待する結果によると思いますが・・・

ABOUT ME
アバター
ドレッド
目標必達のために鬼努力を惜しまない個人事業主。記事執筆・ホームページ制作・メディア運営・コンサルティングのお仕事をしています。立命館大学中退。放送大学教養学部の全科履修生。中小企業診断士とFP1級を目指してハードに勉強中。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA