情報処理安全確保支援士

情報セキュリティスペシャリストの合格証書が届きました

ようやく合格を実感しました。

20140107_001

この資格について少し説明します。

セキュリティにおける専門性を有することを認定する国家試験である。試験で求められる知識水準は高く、国内で実施されるセキュリティに関する試験で最難関であり、システムエンジニア等の実務経験者であっても合格するのは難しい試験として広く認知されている。また、セキュリティ対策の一環としてセキュアプログラミング、ネットワークに関する問題も多数出題されるため、幅広い知識が要求される。 本試験に合格すると経済産業大臣より情報処理技術者試験合格証書(情報セキュリティスペシャリスト)が交付される。

Wikipediaより

とwikipedia様がおっしゃっています。私が受験した平成25年秋の試験の合格率は14.9%だそうです。前回よりは合格率が上がってますが、決してやさしい試験ではないことが分かってもらえると思います。

来年はデータベーススペシャリストを狙うぞ!!

ABOUT ME
アバター
ドレッド
目標必達のために鬼努力を惜しまない個人事業主。フリーライターとWeb制作のお仕事をしています。立命館大学中退。放送大学教養学部の全科履修生。中小企業診断士とFP1級を目指してハードに勉強中。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA