初級ウェブ解析士の講座を受講してきました

【2017年2月24日追記】初級ウェブ解析士の最新のテキストが発売されています!

ウェブ解析士認定試験公式テキスト2017(第8版)
ウェブ解析士認定試験公式テキスト2017(第8版)
  • 発売元: 一般社団法人ウェブ解析士協会
  • レーベル: 一般社団法人ウェブ解析士協会
  • スタジオ: 一般社団法人ウェブ解析士協会
  • メーカー: 一般社団法人ウェブ解析士協会
  • 発売日: 2016/12/08
  • 売上ランキング: 827

【2017年2月24日追記】初級ウェブ解析士の最新の問題集がAmazon Kindle Unlimited で読み放題です!

公式テキスト2017年版(第8版)対応  ウェブ解析士認定試験 対策問題集
公式テキスト2017年版(第8版)対応 ウェブ解析士認定試験 対策問題集
  • 発売元: コスギス
  • レーベル: コスギス
  • スタジオ: コスギス
  • メーカー: コスギス
  • 発売日: 2017/01/17
  • 発売日: 2017/01/17
  • 売上ランキング: 1758

「初級ウェブ解析士」という資格があるのをご存知ですか? 名前から想像すると、Google Analyticsや他のツールを使ってアクセス解析をできるようになるための資格かなぁ・・・? なんて考える方が大半でしょうか。当然、ウェブ解析の仕事の1つにアクセス解析も含まれています。

ただ、この「ウェブ解析士」という資格はただアクセス解析をするたけでなく、もっと踏み込んで事業に成果をもたらすための施策をまるごとひっくるめてやっちゃおう!! という人のための資格です。

私は現在、マークアップエンジニアとして仕事をしていますが、27年度から自社サイトでネットショップの運営に力を入れていく事になり、

「これからはサイトを作るだけでなく、しっかり運営にも取り組んでいかなくては!」

と思い、まずその手始めとして「初級ウェブ解析士」という資格の取得を目指すことにしました。

ウェブ解析士について

「ウェブ解析士」には現在3つのランクが設けられています。

・初級ウェブ解析士
・上級ウェブ解析士
・ウェブ解析士マスター

それぞれのランクによって、資格取得に関わる費用や条件が異なります。
ここでは私が取得を目指しているウェブ解析士の登竜門となる「初級ウェブ解析士」について説明します。

初級ウェブ解析士について

ここでは「ウェブ解析士認定講座」の公式サイトから、初級ウェブ解析士について引用します。

初級ウェブ解析士の対象者

  • アクセス解析をはじめとしたウェブ解析のスキルを身につけたい人
  • ウェブディレクター、ウェブマスター、ウェブコンサルタントになりたい人
  • 自社サイトの改善を行いたい企業のウェブ担当者
  • ウェブサイト成果の指標を理解し、制作会社や代理店と情報共有したい人
  • ウェブマーケティング、ウェブ広告業界への就職・転職したい人
  • ウェブに関する仕事で独立・開業を考えている人
    資格取得で期待できる効果

  • アクセス解析をはじめとした、ウェブ解析に必要な知識を習得できます
  • Googleアナリティクスの基本的な操作を習得できます
  • 解析ツールのデータやアクセス解析のログを正しく読解するスキルを会得できます(認定証を送付します)
  • 上級ウェブ解析士の受験資格を得ることができます

このように紹介されています。
資格取得の流れは、

  1. テキストを購入
  2. テキストを予習する
  3. 講座を受ける
  4. 試験を受験する
  5. レポートを提出する
  6. 認定される

という流れになっています。結構大変です。

というわけで詳しい内容に関しては、公式サイトをご覧ください。
ここからは私が4月5日に受講した「初級ウェブ解析士」の講座について紹介します。

初級ウェブ解析士講座について

私が受講した講義は大阪の梅田の某PC教室で行われました。男性のウェブ解析士マスターの先生と受講生が私を含めて10人くらいいました。

あらかじめパワーポイントで作られた資料が用意されていて、先生がその資料について説明していくというスタイルで講義は進みました。資料の中にはたくさんの演習問題が用意されていて、自分でその問題を解いたり、隣の席に座っている人と一緒に考えて発表することもありました。

正直私はかなりテキストの予習を進めてから講義に臨んだので、講義の内容がさっぱり分からないという事にはなりませんでした。普段からウェブマーケティングやアクセス解析の仕事をしている人なら、無対策でもなんとかなるのかなぁ・・・ ただ、これってやっぱり資格の試験だから、試験のクセみたいなものはやっぱりあるなと感じました。そういう意味で普段からウェブマーケティングしている人でも、ちゃんとテキストをやってから受験しないと、不合格になるだろうなぁと感じましたね。先生も、

「テキストは最低でも2周して下さい」

とおっしゃってました。

あと演習の中に計算問題が何問かありました。ここで出てくるのが

CPC
CTR
CPA
ROAS
・・・

などの謎めきウェブマーケティング単語です。ここらへん、2週間後の試験までに完璧にしておかないとなぁ、と痛感しました。ちなみに本番の試験は公式テキストと電卓の持ち込みは許可されていますが、試験時間1時間に65問の問題を解かないといけないので、いちいちテキストで公式見ながら解答してたら、きっと時間が足りなくなるとのことでした。

まとめ

これからますます注目されるようになるであろう「初級ウェブ解析士」についてざっくりと紹介してきました。私はまだ対策講座を受講しただけですが、4月18日に受験する本番の試験に備えて残り2週間、悔いの残らないように勉強していきます! 絶対合格するぞ!! というわけで初級ウェブ解析士の講座の受講レポートでした。

【追記】
つい先日、2015年の第6版に対応した問題集がKindleで発売されました。即効で買いました!!
Kindle端末を持っていなくても、Kindle for PCのようなアプリでPC上で読めるので、試験に自信がなかったらぜひ購入しましょう。

公式テキスト第6版対応 初級ウェブ解析士認定試験問題集
公式テキスト第6版対応 初級ウェブ解析士認定試験問題集
  • 発売日: 2015/04/01
  • 発売日: 2015/04/01
  • 売上ランキング: 7552


この記事をかいた人

ドレッド Webクリエイター

WordPressの構築やjQueryによる動的サイトの実装が得意なWebクリエイターです。このブログではWeb制作で役に立ちそうな知識から、プライベートの出来事まで幅広いネタを取り扱っております。ご質問、ご要望はお問合せフォームからどうぞ! お仕事のご依頼はコレカラウェブにて承っております! 2016年10月から放送大学に入学(選科履修生)

初級ウェブ解析士 | Posted on 2015/04/05 15:17

※コメントは管理人の承認後に公開されます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です