Web検(リテラシー)

Web検定(Webリテラシー)合格しました!!

【2017年2月24日追記】Web検定(Webリテラシー)の新しい参考書が販売されています。

デジハリオンラインのカリキュラムの中にWeb検定の講義がありました。オンライン授業ではあまり力を入れて勉強をする余裕がなかったのですが、デジハリ卒業後にもボチボチと勉強を続けてきまして、本日試験を受験してきました。

結果はというと・・・

20150628_02

91.7%とかなりの高得点で合格することができました!!
ちなみにボーダーラインは70%だそうです。かなり余裕を持っての合格となりました。

ここでWeb検定(Webリテラシー)の受験を考えている人たちに向けて、私の勉強法を紹介します。

公式のテキストのキーワードをノートにまとめる

なにはともあれ、この試験は公式のテキストである「標準ガイドブック1 Webリテラシー」の本の中から問題が出題されます。この本をしっかり仕上げることが合格への道となります。

まずはこの本を買いましょう!!

ただ漫然と読んでいても頭に入ってこないので、本書の中の各ページに解説されている「KEYWORD」をノートにまとめてました。全部まとめるとA4のノート2冊分くらいになりましたね。

公式テキストを3回通読する

キーワードのノートまとめが終わったら、公式のテキストを3回ほど通読しました。完全に記憶できなくても、だいたいこんな事が書いてあったなぁ、くらいの感覚が持てればよいと思います。

公式の問題集を解く

公式のテキストには試験内容の解説が記載されているだけで、問題の類は一切ありません。そこで別途販売されている公式の問題集を購入して繰り返し解きました。

PDFダウンロード版で1600円ほどです。この問題集は絶対買ったほうがいいです!実際の試験でもこの問題集に収録されている問題と同じ問題が出題されていました。PDFなので、PCだけでなく、タブレットなどでも読めるのがいいですね。

中身を確認しないで買うのはちょっとなぁ・・・・

という方のために、第1章は無料サンプルが提供されています。

まずはこれをゲットしてからでも遅くはないでしょう。

間違えた問題についてテキストで調べながら復習する

問題集を解いて間違えた問題については、公式のテキストの該当箇所をよく読んでしっかり覚えましょう。

問題を解く → 解答を確認する → 間違えたところを復習 → 問題を解く

最終的のこの流れを繰り返していって、100%正解できるレベルまで持って行きましょう。

以上が私がやってきた勉強法です。
お役に立てる所がありましたでしょうか。

それと最近公開されたのですが、試験のEラーニング問題集も発売されたようです。

受験1週間前に知ったので、購入はしなかったのですが、これから勉強する人にとっては役に立つかもしれませんね。

ABOUT ME
アバター
ドレッド
目標必達のために鬼努力を惜しまない個人事業主。フリーライターとWeb制作のお仕事をしています。立命館大学中退。放送大学教養学部の全科履修生。中小企業診断士とFP1級を目指してハードに勉強中。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA