IT

疑似クラス nth-child で特定の範囲の要素を指定する方法

今日はCSSの小ネタを紹介します。

CSSには「nth-child」という疑似クラスがあり、先頭からXX番目の要素を選択したいときなどに使われます。

ここで順序リストのHTMLをサンプルとしてとりあげます。

<ol>
	<li>あああああ</li>
	<li>いいいいい</li>
	<li>ううううう</li>
	<li>えええええ</li>
	<li>おおおおお</li>
	<li>かかかかか</li>
	<li>ききききき</li>
	<li>くくくくく</li>
	<li>けけけけけ</li>
	<li>こここここ</li>
</ol>

この時、CSSで以下のように書くと

ol li:nth-child(2) {
	color:red;
}

2行目の「いいいいい」が赤くなります。

さらに、nth-childではこのような書き方もできます。

ol li:nth-child(-n+4) {
    color:blue;
}

このように書くと、1行目から4行目のリストの文字色が青くなります。またさらに
「あああああ」から「えええええ」までが青くなります。

ol li:nth-child(n+8) {
	color:orange;
}

と書くことで、8行目以降のリストの文字色がオレンジになります。

「くくくくく」から「こここここ」までがオレンジになります。

さて、ここからが本題ですが、nth-childは疑似クラスなので、続けて書くことで、指定したクラスをすべて満たすようなセレクタを指定することができます。

例えば、こんな感じです。

ol li:nth-child(n+3):nth-child(-n+7) {
	color:green;
}

nth-child(n+3)とnth-child(-n+7)が続けて指定してあります。このように書くことで、
3番目から7番目のリストの文字色を緑にする
というCSSを書くことができます。

20160116_001

こんな風になります。

以上です。nth-childのちょっとした使い方の紹介でした!

ABOUT ME
アバター
ドレッド
目標必達のために鬼努力を惜しまない個人事業主。記事執筆・ホームページ制作・メディア運営・コンサルティングのお仕事をしています。立命館大学中退。放送大学教養学部の全科履修生。中小企業診断士とFP1級を目指してハードに勉強中。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA