WordPressのユーザーの権限を編集する「User Role Editor」の紹介

今日はWordPressのイケテルプラグイン「User Role Editor」を紹介します。このプラグインを使うと、デフォルトで用意されている5つのユーザーグループに対するWordPressの各種権限を編集できるだけでなく、新たにユーザーグループを作成してユーザーに割り当てることもできるんですよ。WordPressで作られたサイトを複数人で管理する場合に必須のプラグインです。

User Role Editorの導入方法

プラグイン追加の管理画面から「User Role Editor」を検索して表示させます。

20160508_001

そして「今すぐインストール」をクリックしてプラグインをインストールし有効化します。
導入はこれで完了です。

User Role Editorの使い方

User Role Editorでの権限の編集方法はまず、WordPressの管理画面の「設定」→「User Role Editor」へ進みます。

20160508_002

権限の編集画面は↓のようになっています。

20160508_003

権限を設定したいユーザーグループを指定して、各グループに対して、どのような操作を許可させるのかをチェックボックスで割り当てていく感じです。ちなみにWordPressにはデフォルトで5つのユーザーグループが存在していて、それらの各グループに対してどのような操作を許可させるのか決められています。User Role Editorのプラグインを使うことで、デフォルトの権限を編集することが可能になっています。

また、既存の5つのユーザーグループの権限を編集させるだけでなく、新しくユーザーグループを作ることも出来ます。基本的にはデフォルトの5つの権限を使い分けるだけでよさそうですが、何か特殊な操作をさせるユーザーが必要な場合に作成するとよいでしょう。

詳しくはCodexの「ユーザーの種類と権限」をご覧ください。

また、User Role Editorのプラグイン自体の設定も行うことができます。

20160508_004

ここはこのような設定画面となっています。

20160508_005

特に変更する必要のない項目ばかりです。例えば、管理者の権限を編集したい場合(あまりないと思いますが)、一番上のチェックボックスをチェックすると管理者権限のグループの権限を編集できるようになります。

いかがだったでしょうか。複数人でWordPressのサイトを運営する場合には必須とも言える「User Role Editor」プラグインの紹介でした。ユーザーに適切な権限を設定することは、サイトの運営を効率的に行うだけでなく、セキュリティ的にも重要な設定と言えます。この記事がWordPressのサイトを安全に運営するための一助となれば幸いです。

==========
ブログの更新情報をTwitterやfacebookで紹介しています。ぜひフォローお願いします!
Twitter → @jugedred
facebook → Jugedred Project

関連記事


この記事をかいた人

ドレッド Webクリエイター、ライター

Web制作やライティングなどインターネットを使って自由に暮らしているドレッドです。このブログではWeb制作やライティングでお役に立ちそうな知識から、ドレッドのプライベートな出来事まで幅広いネタを取り扱っています。ご質問、ご要望、お仕事のご依頼はお問い合わせフォームからどうぞ! 2016年10月から放送大学に入学しました。

WordPress | Posted on 2016/05/08 17:23

※コメントは管理人の承認後に公開されます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です