Windows10にアップデートしたらDVDが見れなくなった時の対処法

先日の記事でOSをWindows7からWindows10にアップデートしたことを報告しました。OS自体は順調に動作していたのですが、ふと、DVDを再生しようと思ってドライブにDVDを挿入してみても、プレイヤーらしきアプリケーションが立ち上がらない・・・ そこで調べてみたところ、なんとWindows10では標準でDVDプレイヤーがインストールされないようでした。

ところが、最初からOSがWindows10だった場合ではなく、Windows7やWindows8.1からアップデートした場合、Windows10と一緒に、「Windows DVD プレイヤー」という、DVD再生アプリケーションがインストールされるようになっています。

起動方法は
スタートメニューから「すべてのアプリ」をクリックして「Windows DVD プレイヤー」を起動します

20160626_001

こんなアプリです。

20160626_002

この「Windows DVD プレイヤー」を使用することで、DVDが見れるようになります。

ちなみに、この「Windows DVD プレイヤー」がOSのアップデートと同時にインストールされるのは、2016年7月までみたいです。それ以降で「Windows DVD プレイヤー」をインストールするためには、Windows ストアで1500円で購入する必要があります。

古いWindowsから、Windows10への無料アップデート期間も残り1か月ほどとなってきました。私は2か月ほど前にアップデートしましたが、特に問題なく使うことができています。とはいえ、OSのアップデートはかなり重大な変更となるため、あくまでも自己責任で対応することをお勧めいたします。

==========
ブログの更新情報をTwitterやfacebookで紹介しています。ぜひフォローお願いします!
Twitter → @jugedred
facebook → Jugedred Project

関連記事


この記事をかいた人

ドレッド Webクリエイター、ライター

Web制作やライティングなどインターネットを使って自由に暮らしているドレッドです。このブログではWeb制作やライティングでお役に立ちそうな知識から、ドレッドのプライベートな出来事まで幅広いネタを取り扱っています。ご質問、ご要望、お仕事のご依頼はお問い合わせフォームからどうぞ! 2016年10月から放送大学に入学しました。

Windows | Posted on 2016/06/26 15:58

※コメントは管理人の承認後に公開されます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です