Windows

Windows10にアップデートしたらDVDが見れなくなった時の対処法

先日の記事でOSをWindows7からWindows10にアップデートしたことを報告しました。OS自体は順調に動作していたのですが、ふと、DVDを再生しようと思ってドライブにDVDを挿入してみても、プレイヤーらしきアプリケーションが立ち上がらない・・・ そこで調べてみたところ、なんとWindows10では標準でDVDプレイヤーがインストールされないようでした。

ところが、最初からOSがWindows10だった場合ではなく、Windows7やWindows8.1からアップデートした場合、Windows10と一緒に、「Windows DVD プレイヤー」という、DVD再生アプリケーションがインストールされるようになっています。

起動方法は
スタートメニューから「すべてのアプリ」をクリックして「Windows DVD プレイヤー」を起動します

20160626_001

こんなアプリです。

20160626_002

この「Windows DVD プレイヤー」を使用することで、DVDが見れるようになります。

ちなみに、この「Windows DVD プレイヤー」がOSのアップデートと同時にインストールされるのは、2016年7月までみたいです。それ以降で「Windows DVD プレイヤー」をインストールするためには、Windows ストアで1500円で購入する必要があります。

古いWindowsから、Windows10への無料アップデート期間も残り1か月ほどとなってきました。私は2か月ほど前にアップデートしましたが、特に問題なく使うことができています。とはいえ、OSのアップデートはかなり重大な変更となるため、あくまでも自己責任で対応することをお勧めいたします。

ABOUT ME
ドレッド
目標必達のために鬼努力を惜しまない個人事業主。フリーライターとWeb制作のお仕事をしています。IT・セキュリティ・Web制作・金融・障害福祉など、専門性を活かして様々な分野で仕事をしています。立命館大学中退。放送大学教養学部の全科履修生。所有資格:情報セキュリティスペシャリスト、応用情報技術者、FP2級、AFP、ウェブ解析士、SEO検定1級 など。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA