少しでも修正を少なくするために、ホームページ制作の時は方向性をしっかり決めよう

お仕事でホームページを作る時は、基本的にクライアントの要望に合わせて作ります。ただ、方向性が固まっていない状態で着手すると、それなりの形にしても、やり直しになったります(泣 修正指示が来るたびに何度も何度も作り直したけど、いつまでたっても終わりそうにない。今日はそんなホームページ制作あるあるのお話です。

ホームページ制作で重要な事とは

ホームページ制作というと、Photoshopでデザインしたり、Dreamweaverでコードを書く事と思われがちですが、それよりも重要なことはクライアントの要望をくみ取り、訪問者の目的に合わせてコンテンツを作る事です。方向性も決まっていない状態で見た目を作ったり機能を開発しても、クライアントのイメージに合わなくて

「なんだか違うなぁ」

ということになりやり直しになります。この「やり直し」が曲者です。やり直しの時にホームページの方向性をがっつり決め直せは良いのですが、単純にデザインを変更したり、機能の改修をするだけだと、さらにやり直しになるケースが多いです。だって方向性が決まってないから。これまでの経験上、一度そうなってしまうと、泥沼化する事が多いです。

「ホームページは見た目が10割」そう思っていた時期がありました。

「きれいなだけのデザインでいいですか?」

これ、よく聞かれますね。見た目はすごくおしゃれなんだけど、欲しい情報にアクセスする方法やナビゲーションの位置がわかりにくかったり。少し前にデザイナーさんのホームページを作ったのですが、見た目ががっつり「アート」でした。すごく繊細で、細かいアニメーションがふんだんに駆使されたホームページです。コーダーとして実装は本当に大変でした。でも仕上がってみたものを改めて見てみると、正直、今自分が見ているものが何なのかわかりにくいなぁと思ってしまいました。

クライアントが満足していればそれでいいのか

先ほど紹介した事例は、クライアントの指示に従って、見た目重視のホームページを作った事例でした。それではWeb制作者はいついかなる時もクライアントの要望聞くべきでしょうか。実際、クライアントの言いなりになって作ったホームページがいい仕事だったことはあまり多くありません。なぜなら、クライアントは基本的にWeb制作の素人だからです。玄人だったら、人に依頼しないで自分で作っちゃいますよね。

また、クライアントから修正指示が来る時って、デザインのスクリーンショットを撮ったものに、赤字で修正が書き込まれているパターンが多いです。その指示が来るたびに、指示通りに修正するのですが、修正しても修正しても、同じところの修正が何回も繰り返される場合があります。なぜならクライアントもどうしたら良いのか、あまりイメージが固まっていないからです。そこで、先ほど話した「方向性」をしっかり決める、というのが生きてきます。

方向性が決まれば、こちらから提案できる

これまで「方向性を決める」と何度か書きましたが、具体的に何をすることでしょうか。方向性と一言で言ってますが、ホームページの業種によって、何を決めるのか様々です。でもどのホームページにも共通していることは、「ターゲット(訪問者・購入者)」を絞るということです。

ホームページを作る時にハマるポイントで

「とにかくたくさんの人に来て欲しい」

という考え方があります。これ、絶対にうまくいきません。ホームページのコンテンツや見た目、機能はターゲットによって変わるものだからです。方向性としては、まず最初に「どういう人にホームページを見て欲しいのか決める」というのが重要です。

クライアントは基本的に素人と言いましたが、実はその方が制作者にとっては都合が良かったりします。なぜならこちらの経験と技術を使って、方向性に関して色々と提案できるからです。ですが、あくまでも「提案」です。実際に方向性を決めてもらうのは、クライアントにしてもらった方が良いでしょう。

その際、制作者が色々提案しても、クライアントにあまり響かない事も多いかもしれません。しかし、この段階でしっかり方向性を決めておけば、あとあと確実に楽になります。例えば、制作中にクライアントから修正指示が来た時も、ただ言われたように修正するだけでなく、「今作っているホームページはこういう方向性だから、こういうように修正した方がいいですよ」と提案できるようになります。これって実は制作する時にすごく重要なことです。

まとめ


最初に書いたように、ホームページ制作ってデザインを作ったりコードを書いたりするだけではありません。ちゃんと方向性を決めて、「売れるホームページ」「人が来るホームページ」を作りましょう。

==========
ブログの更新情報をTwitterやfacebookで紹介しています。ぜひフォローお願いします!
Twitter → @jugedred
facebook → Jugedred Project

あわせて読みたい


この記事をかいた人

ドレッド Webクリエイター、ライター

Webクリエイター&ライター。フリーランス目指していろいろと活動中。このブログではWeb制作やライティングでお役に立ちそうは知識から、ドレッドの雑記的な内容まで幅広いネタを取り扱っています。ご質問、ご要望、お仕事のご依頼はお問い合わせフォームからどうぞ! 2016年10月から放送大学に入学しました。

仕事 | Posted on 2017/07/08 09:00

※コメントは管理人の承認後に公開されます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です