放送大学

【放送大学 講義雑感】現代会計 ’16

中小企業診断士の勉強とシナジー効果を狙って受講した科目でしたが、なかなかのくせものでした。数字の計算が多い科目だと思っていたのですが、予想以上に知識のインプットが求められる科目であり、苦戦しました。計算問題は計算問題で、日商簿記1級レベルの内容も含まれているので、苦手な人は苦労したと思います。

印刷教材の目次は以下の通り。

■1章:身近な「会計」
■2章:会計の基礎的前提
■3章:企業会計の目的と諸領域
■4章:複式簿記と財務諸表の構成要素
■5章:企業会計に関わる法規制
■6章:企業会計の基準と国際的対応
■7章:損益計算と資産・負債の関係
■8章:収益・費用と資産・負債の計算基準
■9章:金融商品に関わる取引
■10章:棚卸資産に関わる取引
■11章:固定資産に関わる取引
■12章:引当金・純資産に関わる取引
■13章:政府会計制度
■14章:政府会計の新たな動向
■15章:非営利法人の会計

会計全般を広く浅く学ぶのが趣旨なので、印刷教材では各章の内容については、それほど深くつっこんだ印象はありませんでした。例えば5章の「企業会計に関わる法規制」なんて、真剣に取り扱えば1冊の本になるでしょう。まぁ放送大学はどれもそんな感じの科目ですが・・・

会計が好きな人は結構楽しめる科目だと思います。ちなみにこの科目は2019年で閉講します。2020年1学期からは「現代の会計(’20)」となりリニューアルです。

created by Rinker
¥2,014
(2020/10/25 04:20:51時点 Amazon調べ-詳細)

試験概要
試験結果
持ち込み なし
難易度 A
通信指導完了 – 現代会計 –放送大学の社会と産業コースの導入科目「現代会計」の通信指導の提出が終わりました。 気になる結果ですが、100点満点中90点でした。1問...
ABOUT ME
アバター
ドレッド
目標必達のために鬼努力を惜しまない個人事業主。フリーライターとWeb制作のお仕事をしています。立命館大学中退。放送大学教養学部の全科履修生。中小企業診断士とFP1級を目指してハードに勉強中。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA