WordPress

【WordPress】本体やプラグインの自動更新を停止する方法

WordPressには本体を自動的にアップデートする機能がデフォルトで有効になっています。しかし本体のアップデートにより、WordPressに導入しているプラグインやテーマとの相性が悪くなり、思わぬ不具合が発生する可能性もあります。

WordPressに限らず、ソフトウェアは常に最新バージョンを使うのがセキュリティの鉄則ですが、自分のタイミングで最新版にアップデートしたい時もあるでしょう。

そこで今回は、WordPressの自動更新を停止する方法を紹介します。

WordPressのバージョン構成

WordPressのバージョンは「5.4.1」のように3つの数字から構成されています。

WordPressのバージョン構成

3つの数字のそれぞれの意味は以下の通りです。

メジャーバージョン デザインや機能の大規模な更新
マイナーバージョン 追加機能や仕様の変更
ビルドバージョン 細かいバグ修正やセキュリティ対応

この中でWordPressの自動更新の対象となっているのが、「ビルドバージョン」だけです。例えば「バージョン5.4」から「バージョン5.4.1」へのアップデートはビルドバージョンのアップデートなので、自動更新の対象となります。

WordPressの更新タイプ

WordPressの自動更新には以下の4種類があります。

  • コアアップデート(WordPressの本体)
  • プラグインの更新
  • テーマの更新
  • 翻訳ファイルの更新

これからそれぞれの自動更新の設定方法について紹介します。

WordPressの自動更新を停止する方法

WordPressの自動更新を停止する方法を更新タイプ別に紹介します。

WordPressの自動更新を完全に停止する

WordPressのあらゆる自動更新を完全に停止するためには、WordPressのインストールフォルダにある「wp-config.php」というファイルを編集します。このファイルの編集は、WordPressの管理画面からではできません。

FTPクライアントなどを使用して、WordPressのインストールフォルダにある「wp-config.php」をダウンロードして、ローカルで編集して、サーバーにアップロードする必要があります。

例えばWinSCPというFTPクライアントを使って「wp-config.php」をダウンロードして編集します。

WinSCP

ダウンロードした「wp-config.php」の最後の行に以下の1行を追記します。

define('AUTOMATIC_UPDATER_DISABLED', true );

具体的には以下のような感じです。

wp-config.phpの記述例

編集した「wp-config.php」をアップロードしましょう。これでWordPressのあらゆる自動更新が無効になります。

この修正をすると管理画面にちょっとした変化があらわれます。WordPressの管理画面の「WordPressの更新」ページの文言が変化します。

★修正前
修正前のWordPressの管理画面

★修正後
修正後のWordPressの管理画面

修正前にあった「今後のセキュリティ更新は自動的に適用されます。」の文章がなくなります。これでWordPressの自動更新機能が完全に停止しているかどうか、確認できます。

WordPressの本体の自動更新の有効化・無効化

WordPress本体の自動更新を細かく制御することも可能です。先ほどと同様に、「wp-config.php」に以下のような文言を追加します。

# WordPress本体の全てのバージョンの自動更新を有効にする
define('WP_AUTO_UPDATE_CORE', true );
# WordPress本体の全てのバージョンの自動更新を無効にする
define('WP_AUTO_UPDATE_CORE', false );
# WordPress本体のマイナーアップデートだけ自動更新を有効にする
define('WP_AUTO_UPDATE_CORE', minor );

WordPressのプラグインの自動更新の有効化・無効化

WordPressのプラグインの自動更新の設定を行うためには、WordPressのテーマフォルダ内にある「functions.php」を編集します。「wp-config.php」があるフォルダとは場所が異なるので注意しましょう

ちなみにWordPressのプラグインの自動更新はデフォルトでは「無効化」されています。

# WordPressプラグインの自動更新を有効化する
add_filter('auto_update_plugin', '__return_true' );

上記の記述により、WordPressのプラグインの自動更新が有効になります。この記述をfunctions.phpから削除すれば、逆に無効化できるということです。

WordPressのテーマの自動更新の有効化・無効化

WordPressのテーマの自動更新の設定も「functions.php」で設定します。WordPressのテーマの自動更新もデフォルトでは「無効化」されています。

# WordPressプラグインの自動更新を有効化する
add_filter('auto_update_theme', '__return_true' );

上記の記述により、WordPressのテーマの自動更新が有効になります。この記述をfunctions.phpから削除すれば、逆に無効化できるということです。

WordPressの翻訳ファイルの自動更新の有効化・無効化

WordPressの翻訳ファイルの自動更新の有効化・無効化も「functions.php」で設定できます。デフォルトでは「有効化」されています。

# WordPressの翻訳ファイルの自動更新を無効化する
add_filter('auto_update_translation', '__return_false' );

WordPressの自動更新は原則有効に

ここまででWordPressの自動更新機能の有効化・無効化の方法を紹介しました。冒頭でも紹介したように、ソフトウェアは最新のバージョンを使うのが原則です。ここで紹介した方法で自動更新を無効化するのは、アップデートによって不具合が発生する時だけにしましょう。

ABOUT ME
アバター
ドレッド
目標必達のために鬼努力を惜しまない個人事業主。記事執筆・ホームページ制作・メディア運営・コンサルティングのお仕事をしています。立命館大学中退。放送大学教養学部の全科履修生。中小企業診断士とFP1級を目指してハードに勉強中。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA