中小企業診断士

【経済学】第9回 IS-LM分析

こんにちは。ドレッドです。今日も診断士ゼミナールでお勉強。

すっかり久しぶりの更新になってしまいました。この間何をしていたのかというと・・・「SEO検定」なる資格の勉強を進めていました。

そんなわけで中小企業診断士の勉強を再開ですよ!

今日のテーマは「IS-LM分析」です。

IS曲線・・・財市場が均衡する国民所得Yと利子率rの組み合わせを表した曲線。I(Investment=投資)とS(Saving=貯蓄)
※投資の利子弾力性が大きいほど、IS曲線の傾きは緩やかに
※限界消費性向cが大きいほど、IS曲線の傾きは緩やかに

LM曲線・・・貨幣市場が均衡する国民所得Yと利子率rの組み合わせを表した曲線
※貨幣需要の利子弾力性が大きいほど、LM曲線の傾きは緩やかに

財政政策・・・政府が支出を増加させる
金融政策・・・日本銀行がマネーストックを増加させる

金融政策の種類
1.公定歩合操作
2.公開市場操作
3.法定準備率操作

流動性のわな・・・利子率が下限まで低下し、大多数の人が「将来、利子が上昇して債権価格が下がるだけだ」と考え、貨幣以外の資産を持とうとしない状況

ビルドインスタビライザー(自動安定化装置)・・・自動的に景気を安定化させる財政制度

ABOUT ME
アバター
ドレッド
目標必達のために鬼努力を惜しまない個人事業主。フリーライターとWeb制作のお仕事をしています。立命館大学中退。放送大学教養学部の全科履修生。中小企業診断士とFP1級を目指してハードに勉強中。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA