写真撮影

写真の基礎知識をじっくり学ぼう! ニコンカレッジ「基礎講座」第2日目に参加してきました!

ニコンカレッジ「基礎講座」第2日目に参加してきました!!

7月21日はニコンカレッジの第2日目でした。今回も1日目と同じく講義形式での講座でした。

今回勉強したことは、

・ISO感度
・露出補正
・ホワイトバランス
・レンズの分類

の4つでした。てんこもりです(笑

ISO感度の調整のコツ

・できるだけ低いISO感度を使う
・シャッタースピードを上げたい時にISO感度を上げる

ということでした。最近のデジタル一眼は高感度性能の高いカメラが多いので、あまりシビアにならなくてもいいかな、と思っていたのですが、やはりプリントして確認すると、ノイズがはっきり見えてくるとのことでした。

2つ目は露出補正です。
ここで初めて「18%グレー」という言葉を耳にしました。18%の反射率を持つ物が正しく写るということらしいです。世の中の平均的な物の反射率の値だそうです。

私は知識として、

・黒いものを黒く写すにはマイナス補正をする
・白いものを白く写すにはプラス補正をする

ということを知っていたのですが、今回実際に黒い紙と白い紙を露出の調整しながら撮影し、写真の明るさの違いが確認できたのでよかったと思います。

そしてホワイトバランスです。これはカメラの位置にある光源で調整するのではなく、被写体の位置にある光源を元にして調整するようです。先生の話によれば、とりあえずオートでいいそうです。あとは

・花火、夕景、夜景は晴天モード
・蛍光灯の時はオート

と、調整するのがコツだそうです。

そして最後はレンズの分類です。
画角の違いによってレンズは、「広角」「標準」「望遠」の3つに分類できます。

広角レンズの特徴は
・画角が広い
・距離感が誇張される
・被写界深度が深い
・歪みが生じる

望遠レンズの特徴は
・画角が狭い
・距離感が圧縮される
・被写界深度が浅い
・歪みが生じにくい

とのことです。
先生が強調していたのは、

「望遠レンズは遠くのものが大きく写るレンズではない」

ということです。
望遠レンズというのはあくまでも「画角が狭いレンズ」のことで、画角が狭い分、写る範囲が狭くなり、結果的に遠く物が大きく写るだけ、とのことでした。ここらへんは、実際にレンズを交換して撮影されたサンプルを見せていただいて、わかりやすかったです。

というわけで、ニコンカレッジ2日目が終わりました。
来週は実習です!
ちょっと遠出するので、観光気分で参加したいと思います。

==========

Twitterアカウント:@jugedred
⇒管理人・ドレッドが発信している日常の記録です!趣味のことや放送大学の学びのことなどを発信しています。基本的にフォローバックしておりますので、お気軽にフォローしてください!

facebookページ:コレカラウェブ
⇒「ドレログ」を含めたコレカラウェブのブログ運営の裏側を公開しています。ブログに公開する前の先行情報や運営方針などを記録しています。PVや収益に関する生々しい話も!よろしければ「いいね!」お願いいたします。

お仕事のご相談・ご依頼をお待ちしております

「ドレログ」を運営しているコレカラウェブでは、Webライティング・SEO・メディア運営・障害者支援のお仕事を承っております。これまでのWeb制作やWebライティング、障害者支援の経験を活かして、満足度の高いサービスを提供しています。ご相談・お見積もりは無料です。まずはお気軽にお問い合わせくださいませ。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ フリーランス生活へ

ABOUT ME
ドレッド
目標必達のために鬼努力を惜しまない個人事業主。フリーライターとWeb制作のお仕事をしています。IT・セキュリティ・ビジネス・Web制作・金融・資格・障害福祉など、専門性を活かして様々な分野で仕事をしています。立命館大学中退。放送大学教養学部の全科履修生。現在は中小企業診断士試験にチャレンジ中!所有資格:情報セキュリティスペシャリスト、応用情報技術者、FP2級、AFP、ウェブ解析士、認定SEOコンサルタント・SEO検定1級 など。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA