中小企業診断士

令和元年度 中小企業診断士1次試験の合格発表

こんにちは。ドレッドです。
今日は令和元年度の中小企業診断士の1次試験の合格発表でした。

すでに解答速報で結果がわかっていたとはいえ、公式からの正式な発表ということで、パソコンの前で鎮座して発表の時を迎えました。

午前10時半くらいに中小企業診断士の公式サイトにて、1次試験の結果についてのページが公開されました。

https://www.j-smeca.jp/contents/010_c_/010_c_h31_shiken/R01_1ji_kekka-goukakuhappyou.html?fbclid=IwAR30KFEJzm5z8udreG-nphV4fOKX3EfllQhMHzaXjAfcRLRh62EcTwsXF0Y

さて、私の結果はというと・・・

運営管理と経営情報システムの2科目の科目合格でした!

まぁこれは試験直後の解答速報でわかっていたこと。

気になるのが統計情報です。

令和元年度中小企業診断士第1次試験に関する「統計資料」

私が直前で必死に対策した中小企業経営・政策の科目合格率が5%!!

5%ってなんだよ・・・

中小企業経営・政策は1次試験直前の1,2週間で一気に知識を押し込めて受験するというのがこれまでの定番の試験対策でした。

しかし、それでは点数に結びつかない科目になってしまったようです。

そして全体としては、1次試験の合格率は30.2%とかなり高めの数値。

2次試験は合格者数がだいたい決められている、相対評価で採点されると言われています。

1次試験の合格者が多いということは、2次試験の不合格者も多くなるということでしょう。

今年初めて受験したストレート生にとってはアメとムチのような状況ですね。

そんなわけで、私は今年の1次試験は不合格でしたが、来年のリベンジに向けて、いろいろな作戦を考えています。

試験勉強については、週1回の更新で報告していきますので、気になる人は毎週1回、当ブログをチェックしてくださいね。

ABOUT ME
アバター
ドレッド
目標必達のために鬼努力を惜しまない個人事業主。フリーライターとWeb制作のお仕事をしています。立命館大学中退。放送大学教養学部の全科履修生。中小企業診断士とFP1級を目指してハードに勉強中。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA